設立の沿革と主な活動



1997年に非営利活動を開始した、らくらく噛みんぐねっと(R)―歯科往診を広める会―は、もっとも弱い立場であるお年寄りや障害者を持つ方への口腔ケアなどをご支援する活動をしてきました。
 歯科医療やリハビリテーション、介護といった立場で活躍する専門職のみなさまと一緒に、食べることに困難を感じている方々に手助けとなることを検討してまいりました。
 多職種の方々との交流は、私たちに複眼を与えてくれ、私たちのもとよりの信条である「歯は人権を守る最後の砦」という思いを心強いものにしてくれています。
 私たちが自分の口の健康を守る一環として、努力できることや得たい知識などを分かりやすく多くの方に伝えていくことは、非営利活動の立場としてふさわしいものであると考えています。

                     代表 安村美恵子

主な活動 
【高齢者・障害者・一般の方に対する口腔機能改善、口腔ケア推進、歯科往診等を円滑にする支援活動】

 1 らくらく・噛みんぐ・110番
   口と歯の健康相談(電話無料相談受付)
 2 講演活動および履歴
   対象:一般、介護事業者、施設、病院、自治体、
      歯科医師会、歯科衛生士会、言語聴覚士会 他
 3 研修会の運営
   対象:一般、介護職種、歯科医師、歯科衛生士  他
 4 出版事業
 5 研究事業